なおぽん観察日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは

文化祭の練習がもう始まっているらしいけど誰からも呼ばれていないので相変わらずぐだぐだと残り少ない夏休みを過ごしているこの頃

最近、漫画が欲しいなぁと切実に思い始めたので本屋やAmazonで気になる本があるか探していたら、「できそこないの物語」という漫画と「COPPELION」という漫画が気になったのでAmazonに注文して代金も振り込んだんですけど

今日、暇だからAmazonで色々な商品を眺めていたら「ひとひら」の7巻を見つけて

もう7巻まで出てるのかぁと集めよう集めようと思っているうちに結構な巻数が出ていたことに若干の驚きを感じながらレビューを眺めていたら

「本編はこれで終わり、次巻以降は麦(主人公)以外のキャラを主人公とした1話完結の外伝集になる」と書いてあって

こんなことなら、何時終わるか分からない漫画を買わずに、本編は完結している「ひとひら」を買っておけば良かったなぁとどうしようもない後悔をした訳です

話は変わりますが、この間友人とカラオケに行っった時に歌いたい曲がこれといってなかったので何となく、けいおんのEDを歌ったらJOYの全国採点で13000人いて驚きました

それだけです

さようなら



スポンサーサイト
こんにちは

俺の妹4巻に「質量のある立体映像をイリュージョンあたりが開発したの!?」「アトリエかぐやのゲームだったらHシーン突入にそなえて差分CG回収のためのセーブをしているような場面だ」という小ねたがあってにやにやしているこの頃

ブレスオブファイア2のアドバンス版は高いしスーファミ版はないし

仕方ないから3で良いかと思ったらPS版はないしPSP版は結構するし

4だなと思ったら無かったので

もう5で良いかと思って3日ほど前に購入して日・月とやり込んだらクリアしたので感想でも書きます

とりあえず、難易度が鬼ですね

最近の何となくでクリアできるゲームに慣れきっていたらクリアするのに大変苦労すると思います

初期の主人公のHPが120位しかないのに敵の攻撃で30位軽く持っていかれます

正直驚きましたw

仲間のボッシュというキャラが強いから何とかなったけれども

それと、敵の強さに加え宿屋が無い、アイテムを多量に持つことが出来ない

という、探索の途中で回復アイテムが切れたら目も当てられないような状況になる仕様です

まあ、シンボルエンカウントにアクション要素が加わったPETS(敵に肉投げて注意を逸らしたり、爆弾ぶつけてHP削ったりできるシステム)というシステムがあるので戦闘を回避することは出来るんですけど、敵の絶対数が決まっている(倒した敵は蘇らない)このゲームにおいて敵を無視し続けるとレベルが低くて後で後悔することになるからそれは避けたい

ということで、補給を怠らないことが重要になるゲームですね

後、Dカウンターというものがあります

これは、物語の途中で竜の力に目覚めてから画面の右上に現れるんですけど

この数値が100になったら問答無用でゲームオーバーです

数値は、Dダッシュ(ダッシュ中敵にぶつかっても弾き飛ばして戦闘に入らない)とDダイブ(戦闘中に竜変身する)をすることによって急激に増えます

歩くことでも微量に増えていきます

Dカウンターを下げることは決して出来ません

じゃあ、D~を使わなければ良いじゃんと思うんですが(僕も思っていました)後半のボスが強すぎて対処法が分からない初プレイの段階では竜に変身しないと倒せないのでカウンターがどんどん増えていきます

大抵の人はDカウンターがMAXになって一回は死ぬらしいです

僕は99.75という運がよかったとしか言いようの無い数値でクリア出来たので嬉しかったです

じゃあ、もしDカウンターが高いままでセーブしていたらどうすればいいの?と思いますよね思ってください

そのような状況を打破するためのSOLシステムというものがあります

これは、ゲームオーバー・ゲームクリアした場合に一部の能力・アイテムを引き継いで、最初からまたは途中からやり直すことができるシステムです

簡単に言うと、強くて初めからですね

それに加えSOLすることで今まで見ることが出来なかった新規イベントを見ることが出来るようになります

即ち、SOLをしないと物語が補完できないわけですね

僕は一度もSOLしていないのでシナリオの細かい部分が分かっていません

シナリオについては、{人が地下シェルターで暮らすようになった世界。人にはそれぞれD値という個人のIDであり潜在能力を示す数字がつけられている。主人公のD値は1/8192。数字が大きい程優秀であるこのD値が1/8192。出世など望めない数値。彼は一生涯下層地区で下級レンジャーとして暮らすことが義務付けられているようなものだった。そんな彼がある事件をきっかけにニーナという少女と出会う。そして、彼は力を得る。彼は決意する。少女を救うために空を目指そう}

といったようなシナリオです

中々面白かったです

特にEDは何ともいえない感動を与えてくれましたね

シナリオ・システム共に完成度が高い良ゲーだと僕は思います

難易度の高さがネックですけど

まあ、興味があったらやってみてください

さようなら
こんにちは

to heart2が届いたのは良いんだけどやる気が起きないこの頃

ラスボス手前で積んでいたVP2を昨日クリアしたんで感想でも適当に書こうかなと思います

シナリオは大分非難されていたけど個人的には可もなく不可もなくって感じでした

非難の声に「メガネ野郎のせいで滅茶苦茶」という声が多かったんですけど、メガネがでしゃばらなかったらアリーシャ(主人公)達の物語はユグドラシルで終わって1につながるんだなと分かるように出来ていると思います

それに、メガネがでしゃばらないと1の最後にメガネがレナス(1の主人公)が創造神になった時に生き残った理由とかが分からなかったし2の物語に勢いが出なかっただろうからメガネは良い

しかし、2にアリューゼというキャラがいて1にも出てるんですけど1と2の間に何百年という時が経っているのに何故過去である2と2から見た未来である1の両方にいるのかが全く分からないし

1でアーリィ(戦乙女の一人)が、遥か昔エインフェリアとして共に戦ったのを忘れたかとアリューゼとメルティーナに言っていたんですけど、2にメルティーナが出ていない

といったように明らかに伏線無視の部分もあったのは残念

戦闘も非難の声が多かったけど、個人的には1より面白いと思う

戦闘画面が3Dになり、移動、ダッシュなどアクション要素が入ったことで1に比べて戦闘に飽きることが無い

リーダーを倒せば戦闘が終わるというのも戦闘時間の短縮になってよかった

非難の声に「敵の攻撃範囲が広すぎる」とありましたが、敵の攻撃範囲が狭かったら敵の攻撃を受けることなく容易に敵を倒すことが出来て緊張感が無いから個人的には広くてよかった

敵の強さは、1のように特定の武器、スキルがないと倒せないということが無かったので良かったかと

まあ、実際はタフネス(戦闘中最大HP、HPを二倍)とかガッツ(HPが10%以上残ってる状態でHPが0になるような攻撃を受けても1残して耐える)はイルと思うけど1のようにスキル書によって覚えるわけじゃないから後半になって慌てて覚えることができるから問題なし

総評すると、フルプライスで買ったら及第点安く買ったら満足って所かな

さて、VP2も終わったしブレスオブファイア買ってきてシリーズ制覇目指そうかなということでさようなら



こんにちは

最近の昼食の全てがレトルト・インスタントといても過言ではないくらいに毎日出るので心身ともに辟易としているこの頃

夏休みだというのにこれといってイベントも目的もなく怠惰な生活を送るのにも疲れたので、公式のアニカラを休暇中に開こうかなと考えていたりするんですけど

やってもいいと思うなら都合の良い日とかをコメントしといてください

数人は見てると思うので頼みます

話を少し戻して、こうも怠惰な生活が続くと部活をやっていても良かったかなと思うたびに一応、美術部に所属していたなぁと思い出して部活動の居心地の悪さを思い出して嘆息をつきたくなったり

何だかんだいって終わる頃になると短かったなぁと思うんだろうなと約一月後の自分の気持ちが手に取るように分かって気だるくなったり

家の家計は17歳の夏になると何か途方も無いことをしたがる歳だと父が言っていて、実際に兄も内容は忘れたけど何かやったのに自分は何もしようとしてないなぁと兄弟間での青春満喫度の格差に涙したり

昔のように能動的に人に接することが出来たなら今の自分はどんな生活をしていたんだろうなと幼少期にまで遡る過去の栄光が酷く羨ましくなったり

でも、昔の性格だったら今現在友人と思っている人達と親密な関係になれなかっただろうからこれはこれで良かったのかなと気恥ずかしいことを考えてみたり

ブログになんてことを徒然と書いているんだと執筆している現在今までかいた文章を消去したくなりながら執筆に費やした時間が無駄になるから乗せようと葛藤する猶予さえなく結論付けてみたり

勢いで書いてるから所々言葉の意味が違うんだろうなと自分の語彙力の不確かさに一抹の不安を抱いてみたり

落ちが見えなくて困ってみたり

もうこのノリで終わらせてしまおうと思ってみたり

ということで終わります

さようなら



こんにちは

追考査も終わり今日からやっと夏休みに入って嬉しかったのか朝目を覚ましたら1時でびっくりしたこの頃

今日は、塾に行ったんですけど

俺と同じ塾の送迎バスに乗っている中3の男がいて

狭いバスの中で大股広げて座る、これ見よがしにため息をつく、ワックスで髪べとべと、尋常じゃない腰パン

というい、見ていてイラッ☆とくる人なんですけど

その人が今日階段を上る時にズボンが下がり過ぎているせいで脚を曲げた時につぱって1段のぼるのがやっとという状況になっていて

僕はその人の後ろにいたんですけど

階段が狭くて一人しか通れないのにそいつが遅いから僕までゆっくり上らないといけなくなってイラッ☆

塾が終わってバスに乗ったらイヤホンを使わずにワンセグでテレビ見ててイラッ☆

バスから降りる時に脚が邪魔でイラッ☆

愚痴でした

それじゃあ、さようなら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。